02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

お気楽『Bar Resto』のゆるブログ

  // 

麻布十番『Bar Resto』店主のゆる~いブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

感じること、思うこと。 

オープンして、ちょうど、2週間が経過しました。

オープン前に比べ、テレビを見る時間が激減したものの、やはり欠かさず、
NEWSは見るようにしています。

しかし、NEWSの中では、相も変わらず、同じような「セリフ」の繰り返しに
聞こえてならない。

「どこそこで、基準値の○○倍の放射線物質を検出しました。」
「でも、人体に影響を及ぼすレベルではないから、ご安心下さい。」

古い表現だが、いわゆる「マッチポンプ」のようにしか、聞こえてこない。
オオカミ少年的にも、捉えられる。

「風評被害の影響が懸念されます。」
であるならば、報道を控えてはいかがだろう?

政府や東電の記者会見の内容などを伝言ゲーム的に報道していないだろうか?
もちろん、原発の状況を伝えることは、大事だと思うが、それに長い時間を
割くよりも、もっと「必要な情報」があるはずだと思う。

被災地の行政と連動して、ピンポイントに、いまどこの避難所で、何が不足
していて、どういった人材の支援が欲しいのか、などを被災地行政の広告塔
として、報道できないのだろうか?

私もそうだが、募金という手もあるが、何かしてあげたいけど、何をすれば、
喜んでもらえるのか、助けになるのかが、よくわからないという人が、たく
さんいると思う。

支援をしたいが、受け入れてもらえるのか、どこに問い合わせれば、受け
入れ方法がわかるのか、知らない人がたくさんいると思う。

復興に対するナビゲーターとして、報道することは出来ないのだろうか?

そんなことを感じる毎日です。


-- 続きを読む --
スポンサーサイト
日常  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。